製品開発の品質向上セミナー(LED照明編)

近年、環境への関心、節電志向の流れに乗ってLED照明の普及が拡大しています。事実、工場やオフィスに加えてコンビニエンスストア、私達の住居においても使われ始め、LED照明の時代が本格的に到来しています。

しかし、LEDは従来の光源(電球や蛍光灯)と異なる性質を持ち、光学的/機械的要素、信頼性などの多方面で課題があります。購入したLEDパッケージを並べるだけでは良い照明機器とは言えません。これまでの設計手法から、LEDにふさわしい設計手法と如何に付加価値をつけるかが必要になっています。

本セミナーでは、LED照明の設計効率化、生産性の向上を実現するために、光学シミュレーションを有効に活用する方法をご提案します。 また、オフィス照明などの光学設計事例や、設計の現場において光学シミュレーションツールが必要とされる理由について、サイバネットの取組みや照明シミュレーションツールLightToolsのご紹介を交えて、皆様の課題解決の一助となる情報をご提供いたします。

関連ページ

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

開催概要

  東京 大阪
会場 東京本社
セミナールーム
西日本支社
セミナールーム
定員 50名 14名
参加費 無料(事前登録制)
対象 ・照明機器の解析や設計を始めようとされている方
・現在お使いのCAEソフトウェアで不足を感じている方

紹介製品

アジェンダ

  • 製品開発の現場で光学シミュレーションが必要とされる理由
      - 導入する利点と得られる効果について
  • 照明設計解析ソフトウェアLightToolsが選ばれる理由
      - ソフトウェア概要とLED照明器具向け設計および評価機能のご紹介
      - 効率よく設計するのに有効な機能のご紹介
  • LED照明の光学設計
      - オフィス照明、照明用リフレクタの自動設計事例ご紹介
      - ある範囲を均一に照らす器具、ある範囲だけ照らしたい器具の設計例など
  • 質疑応答
※過去のLightTools特別セミナーでご紹介した内容と一部重複がございます。

 


お問い合わせ