光学用語集照明

関連語:光、照明光学系

人の生活や活動に役立つ光、またはそれを目的として光を応用することです。屋内照明のように対象を照らす光から、ディスプレイのような情報を伝える光など、その意味は広義です。光を利用するための照明系設計では、指向性、照射領域の一様性、エネルギー効率などを評価します。近年、これらを設計・評価する手法として、光学シミュレーションプログラムが重要な役割を果たしています。

LightToolsでは、自動車の車内照明や液晶ディスプレイなどさまざまな照明光学系を設計して、照度・輝度・色度などを評価することができます。

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ