光学用語集主点(Principal point)

レンズの横倍率が1の時に軸上光束で定義できる2対の共役点を主点と呼びます。この時、物体側を前側主点、像側を後側主点となります。最も直感的な定義としては、物体側から近軸光線追跡を行った場合、像空間の射出光線と、物体側平行光線の延長線の交点が前側主点位置となります。逆に像側から近軸光線追跡を行い、像側平行光線と物体側射出光線の延長線の交点が後側主点位置となります。

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ