光学用語集立体角

関連語:光度、輝度

空間的な拡がりを表します。ある点から見た空間領域を半径1の球面上に投影した面積で表します。例えば、全球方向への拡がりを表す立体角は4π[sr(=steradian=ステラジアン)](半径1の球の表面積)となります。また、図2のように、拡がり角の半角がθの時の立体角Ωは、

Ω[sr] = 2π(1−cosθ)   
となります。上式は、θがπ[rad](180°)の時、Ω=4π[sr]となります。

図1. 立体角のイメージ

図2. 広がり角θの立体角

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ