光学用語集理想レンズ(Perfect lens)

厚み 0、収差 0のレンズのことで、幾何光線を完全に一点に集光することができます。理想レンズは現実には存在しない仮想的なものですが、CODE VLightToolsなどの光学シミュレーションソフトウェアではこれを光学モデルに組み込むことができます。

以下の図はCODE Vの理想レンズの一例です。完全な平行光を1点に集光するという性質を利用してアフォーカル系の設計などに活用することができます。

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ