光学用語集蛍光ランプ

関連語:水銀ランプ、蛍光

ガラス管(ガラスバルブ)の内側に蛍光体を塗布した低圧水銀ランプ。一般的には、蛍光灯と呼ばれています。放電により水銀が励起して紫外光を放射し、その紫外光が蛍光体を励起して可視光を放射します。熱陰極管と冷陰極管に大別でき、熱陰極管は電極部分を加熱して電子を放出させます(熱電子放射)。一方、冷陰極管は熱電子放射ではなく、電極に高電圧をかけることによってガラス管内の電子を高速移動させることを放電のきっかけとします。光源自体を小型化すること、様々な形で作成することができます。

LightToolsでは、蛍光灯を光源表面から発光する光源とすることで簡単に設定できます。

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ