光学用語集干渉

関連語:回折、位相、波動光学、コヒーレンス

2つ以上の光が重なることで、強め合ったり弱め合ったりする現象です。図のように、光を波と考える(光の波動性)と、波(電場の振幅)の高い部分と高い部分が重なると強め合い、高い部分と低い部分が重なると打ち消し合います。例えば、シャボン玉の表面が虹色に見えるのは干渉によるものですが、これはシャボン玉の外面で反射した光と内面で反射した光が重なり、ある色(波長)の光は強め合い、またある色の光は弱め合うためです。


図1. 干渉による強め合い

図2.干渉による弱め合い

LightToolsでは、一部のモデルで光路長を基に干渉を考慮した解析を行うことができます。例えば、マイケルソン干渉計やヤングの2重スリットの実験などを解析できます。

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ