光学用語集ヘイズ(HAZE)

関連語:拡散

曇価とも呼ばれ、曇り具合、拡散度合いを表します。霧を例に挙げて説明します。濃い霧の中では足元もまったく見ることができません。これは、足元の光が目に届くまでに霧によって全て拡散するためです。この状態がヘイズ100%です。しかし、霧が薄くなれば光の拡散は弱くなり、足元を確認できるようになります。半分の光が拡散するのであればヘイズ50%となります。(残り半分の光が目に届くならば、透過率50%、ヘイズ50%と表現します。)このように、ヘイズは光の拡散する割合を表します。

LightToolsでは、ヘイズをパラメータとして入力することはできませんが、他のパラメータを用いて同等の値を設定することができます。

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ