光学用語集フレネル数

フレネル数の定義は開口の半径の2乗を焦点距離と入射光の波長との積で割ったもので、式は次のようになります。このときビーム直径をD、伝播距離をf、入射光の波長をλと置いています。


図1 フレネル式のパラメータ

フレネル数Nは結像する際に生じる回折の程度を表す数値で、上記の定義によりフレネル数Nが小さいことは回折が大きくなるということを意味しています。フレネル数はCODE Vの結合効率計算の際、ビーム伝播BPRオプションを利用するかしないかの判断基準となります。

フレネル数N < 1.0 (小さい) 場合 → BPR利用後、結合効率計算
フレネル数N > 100 (大きい) 場合 → デフォルトで結合効率計算

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ