光学用語集ファラデーローテータ

ファラデー効果により偏光面を回転させるローテータ(回転子)です。ファラデー効果とは磁場の中で光が磁場方向に進むと偏光面が回転する現象のことです。このファラデーローテータは光線を一方向にのみ透過させるアイソレータを構成する光学素子として用いられています。アイソレータの構造は偏光子、回転子、検光子で構成されています。アイソレータの原理は、順方向の場合(図1)、入射光は偏光面の成分のみが通過しファラデーローテータにより45°に光は回転させられ検光子から出射します(回転角は磁場により変化します)。


図1 ファラデーローテータ(順方向)

逆方向の場合(図2)、戻ってくる光が検光子を通過しさらにファラデーローテータにより45°回転させられます。そのため光は偏光面の成分と垂直になり偏光面で通過できずに遮断されます。反射光をレーザー光源に戻さないのでレーザー光源を保護し、安定な電気信号を伝送することを可能にします。


図2 ファラデーローテータ(逆方向)

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ