光学用語集ペッツバール和(Petzval sum)

2次元の像面で収差を評価する場合、その像面が光軸と垂直な平面上に一致せず、像面が曲がる収差を像面湾曲と呼びます近軸光線追跡の過程で計算されるザイデル収差の一つです。この収差成分は各面で発生する値であり、ペッツバール曲率と呼ばれます。


r:任意の面での曲率半径 n':射出側屈折率 n:入射側屈折率

この値の光学系全体で和を計算したのがペッツバール和です。


i:面番号 n':像空間の屈折率

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ