光学用語集BSDF

関連語:散乱、BTDF(透過)、BRDF(反射)、BDDF(回折)、BVDF(体積)

BSDF(Bidirectional Scatter distribution function)は、媒質表面の散乱特性を表すものです。表面散乱の主な要因は、面上の複雑で微細な凹凸です。このような面に入射した光はさまざまな方向に異なるエネルギーで伝播していきます。しかも一般的に、そのエネルギー分布は入射方向によって異なります。この入射角依存性を持つ複雑な散乱特性を定量的にまとめることで、任意の方向から入射した光の輝度分布を求めることができ、散乱を含む光学系の設計に役立ちます。


図、BSDFデータ(入射角0°、30°)の例

LightToolsには、数種類の散乱特性が用意されています。さらに、ユーザーがBSDFデータなどをもとに散乱特性を定義することができます。

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ