光学用語集薄膜(Wavelength)

関連語:多層膜、反射防止膜

材質の表面の光学特性を変えるために付着させる薄い膜です。光が薄膜に入射すると、基板部分(バルク)とは異なる振る舞いをします。これは、薄膜の厚みが波長程度([nm]〜[μm]オーダー)であるため、回折や干渉などの現象が起こるためです。この現象を利用して、さまざまな機能を持った薄膜が作成されています。例えば、反射防止膜、反射ミラーコーティング(金属膜)、ビームスプリッターなどがあります。


図、バンドパスフィルタ

LightToolsでは、上図のように、コーティング面を面特性として性能ベースで設定します。

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ