光ってなんだろう!? レーザーってなに?

レーザーについて

“白色光”って知ってる?

太陽や電球から出る透明な光を”白色光”といいます。白色光には本当はいろいろな色の光が混ざっています。
いろいろな色の光が混ざると、光は白く見えます。白色光に混ざっている光は分けることができます。

光を分ける??

いろいろな色が混ざっている光は分けることができます。光を分けるにはプリズムを使います。

空にできる七色の虹も太陽からの光を分けています。
空気中に浮かんでいる小さな雨のかたまりが、プリズムのかわりに光を分けています。

CDやDVD、ゲームのCDの裏側もにじ色です。
これは回折格子という小さな小さな溝が光を分けているから、にじ色に見えるのです。

レーザービームってなに?

レーザービームとは1色の光からできている特別な光です。
プリズムを使っても色が分かれません。

レーザービームってすごい !

小さく集めることができる !

レーザーの光はすごく小さく集めることができます。
長い距離を進んでもあまり広がりません。
フラッシュライトは光を広げています。

エネルギーを作れる !

光が小さく集まっているところには、すごいエネルギーがあります。
そのエネルギーを使うと何でも切ることができます。
お医者さんの使っているメスにはこれを利用しているものがあります。
これをレーザー・メスと呼んでいます。
もっといっぱいエネルギーを集めると、かたい鉄も切ることができます!

情報を運べる !

レーザーを使うと情報を受け取ったり、送ったりできます。
CDプレイヤーはレーザーを使ってCDの裏側にある小さなでこぼこの情報を読み取って、音楽にしています。
コンビニなどにあるバーコードリーダはレーザーとレンズ、鏡を使って、バーコードを読み取っています。

コミュニケーションに使える !

レーザーは光ファイバーと呼ばれる長くて細いガラスを通して情報を送ることができます。
1本のレーザーでいっぺんにたくさんの情報を送ることができます。
みなさんが今使っているインターネットにも使われているかもしれません。

ホログラムを作れる !

レーザーはホログラムと呼ばれる3Dの絵を作るときにも使われます。
絵が立体に見える虹色のあれです。動くホログラムを研究している人もいます。
皆さんが大人になるころには3Dで動くTVが売られているかもしれません !

注意 ! : レーザーには気をつけて !
エネルギーの小さなレーザーポインターの光でさえ目で直接見るとけがをします。
お子さんには安全についての知識と安全な使い方を十分に指導してください。

<< 前へ | 次へ >>

目次

 


お問い合わせ