新入社員の独り言 STEP7:カメラレンズを設計してみました スネルの法則を導出してみました


左図の通り、真空中(屈折率=1)からある媒質(屈折率=n)へと光線が進む場合を考えます。


光線が界面に到達してからt秒後の屈折光と反射光とを考えます。


屈折率nの媒質中では、光の速度はv = c/nとなります。
そのため、t秒後を考えると、次の関係式が成り立ちます。
入射角=反射角なので透過光と反射光を使用しました。




この関係式を整理すると、スネルの法則が導出されます。

STEP7:カメラレンズを設計してみました へもどる

目次

 


お問い合わせ