光学設計コンテスト(CODC) 開催!

2010年6月14日から17日の4日間で、国際的な光学設計学会 IODC 2010がアメリカ ワイオミング州 ジャクソン・ホールで開催されました。この学会は4年に一度開催され、光学設計・製造・測定評価などに関連する様々なトピックについての発表が行われています。そして毎回この学会ではスペシャルイベントとして、結像光学系、照明光学系等について、面白い制約条件の下、それぞれの性能(評価関数のスコア)を競い合うというデザインコンテストが開かれています。


Aさん
CODE V技術グループからは、前回開催のIODC 2006に続いて、今回も我らがAさんがこのIODCのデザインコンテストにエントリーしました(IODC2010参加報告)。他の課員も含め、私も上司より参加を打診されたのですが、あいにくの多忙につき、辞退を余儀なくされました(大変遺憾ですが)。

そこで、4年後の参加を見据え課員の光学設計スキルおよびCODE V の最適化スキル(ツールの使用スキルといいましょうか)を磨くことを目的として、設計コンテストを開催しましょうという流れに相成りました。なお、このコンテストの名前は、IODCを文字ってCODC(Cybernet Optical Design Contest)と名づけられたのでした(タイトルを見て、大々的な設計コンテストを想像された方、本当に申し訳ありません)。

この掲載は、読者の皆さんのコーヒーブレイクの際のちょっとした読み物としての意味合いで公開しています。コンテストにエントリーした課員各人が本設計課題に取り組むに当たって考えついたアイデアや、そのアイデアを実現するためのCODE V の操作プロセスも一部公開していく予定です。これらの情報が副次的に、皆さんの業務の一助になれば幸いです。

CODCインデックス

レンズ枚数 21枚
レンズ形態 総て屈折面(反射面や回折面の使用はダメ)
面の形状 球面或いは平面。総ての面は回転対称形状
総ての球面の曲率半径は絶対値で同一のこと
結像性能 全画角にわたってRMS波面収差 ≦ 0.070 λ
焦点距離 100.00 ± 0.01 mm (近軸計算)
評価関数: 入射瞳径(mm)×画角(deg)
エントリーNo.1
Iさん
エントリーNo.2
Oさん
エントリーNo.3
Sさん
エントリーNo.4
Uさん
STEP1
レンズタイプ
の予想
レンズの
パワー計算
その答えは、
神のみぞ知る!
レンズタイプと
スコアの推測
STEP2
自作プログラム
での検討
自動分割で
パワー配置決め
原点回帰
千里の道も
一歩から!
初期推定に
ついての
確認設計
STEP3
設計方針大転換 パワー配置と
厚肉化
暗中模索
ついに一筋の
光明が!
本設計開始に
当たっての
各種処理
STEP4
収差ウネウネモデル設計 奇跡 不撓不屈 そしてセレンディピティ到来! 本設計開始。最終設計解へのアプローチ
順位発表
コンテストの結果は?順位発表!

次へ >>

 


お問い合わせ