PCBレイアウトXpedition xPCB Layout

高度に複雑なPCB設計の配置配線を実現する単一環境

Xpedition xPCB Layout(旧製品名Expedition PCB)は、使いやすさと高度な機能を両立させており、極めて複雑なデザインを作成するためのテクノロジを提供します。

カスタマイズ可能な対話型マルチパス自動配線機能には以下が含まれます。

  • Placement planning and management
  • Auto-assisted interactive sketch routing
  • 差動ペア配線
  • ネットチューニング
  • 製造性を考慮した設計最適化
  • マイクロビアテクノロジ

特長

配置配線の編集環境を一元化

一元化された環境で複雑レイアウト作業を行うことで、トータルの設計時間を削減し、生産性を向上

配置のプランニングと管理

エンジニアの設計意図の素早い可視化により実装部品の配置を最適化

対話型スケッチ配線の自動アシスト

Sketch Router、Hug Router、Real Trace Routing、Dynamoveといった高度な自動アシストによる対話型スケッチ配線機能。自動配線でありながら、直観的なユーザコントロールを組み合わせた高品質で高性能な配線機能

Correct-by-construction(構築しながら正しい結果が得られる)による設計メソドロジ

ルールチェックの時間を大幅に短縮し、設計プロセスのなかでルール違反のない設計を作り上げ、全体的な設計効率と品質の向上、さらには初回からの正しい設計を実現

極めて複雑な設計課題に対処

差動ペア配線、ネットの微調整、製造の最適化、フレックス回路、埋め込み受動部品、マイクロビアテクノロジといった複雑な設計課題に対処するためのあらゆるツールを提供

技術仕様

  • 回路図の入力からレイアウトまで共通の制約定義環境を使用するため、設計のあらゆる段階でクリティカルな信号の検証が可能
  • 強力で使いやすい単一の設計環境を実現
  • データベース、ユーザ・インタフェース、ルールによって生産性を向上
  • RFモジュールをPCB設計に含めることで、PCBレイアウト環境はRF回路を理解し、アジレント・テクノロジーやAWRなどのRFシミュレータとの直接接続が可能
  • ボードの編集時に配線、ビア、パッド周辺にエリアフィルを自動挿入
  • エリアを指定してルールを適用する機能によって配線を大幅に改善
  • 差動ペア配線など、複数のネットを同時に配線できる束配線機能
  • 1つの設計データベースから複数の製品バリエーションを作成できる

お問い合わせフォームへ

 


お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ