内臓脂肪面積計測ソフトウェア SlimVision機能紹介

面積計測結果をレポートする機能

自動計測された結果は、1ボタンでプリンターへの印刷はもちろん、エクセルファイル(CSV)やPDFファイルとして出力することができます。


エクセルやPDFまたは、プリンターへ出力することができます。

このレポートには、検査の概要や、結果についての自由なコメントを自動挿入することができます。

過去の検査結果を比較レポートする機能

経時的な面積変化を1枚のレポート上で比較表示することができます。


計測値と画像の両方で比較する。

履歴データベースへの登録は自動的に行われます。

その他の重要な特長

  • CTで撮影されたDICOMデータを直接解析できます。印刷したものをスキャナで読んだり、ビットマップに変換する必要はありません。
  • 複数枚のDICOMデータを一度に解析できます。マルチスライスCTに対応し、体軸方向への脂肪分布も評価できます。
  • 色分けのパターンを、自由にカスタマイズできます。
  • 脂肪を色分けし計測値を載せた画像をDICOM保存することができます。
  • 脂肪判定基準となるCT値(HU)の閾値範囲を、施設の希望に応じて最適化できます。
  • レポートのタイトル、導入部、診断コメント等を自由に編集できます。

 


お問い合わせフォーム