振動子の等価回路パラメータフィッティング

ある振動子の等価回路パラメータのフィッティングをMapleを用いて行います。

解析の流れと使用ツール:

@p-spise等価回路記述用
AMaple 61)等価回路の数式化
2)回路方程式中の未知変数をフィッティング(最小二乗法)により決定
BExcel2000アドイン機能を用いてセルにフィッティング元データ(実験値など)を数値列で与え、等価回路パラメータを算出する。

注) この資料ではAとBについて紹介します。

フィッティング元データ:

インピーダンスアナライザという測定器で測定した周波数とインピーダンスの関係のグラフ。データは数値読取りで数点とります。(1Mhzのときに200Ωなど...)
イメージ的には以下のようになります。

[Maple OLE 2.0 Object]

等価回路イメージ;

[Maple OLE 2.0 Object]


非線形最小二乗法プロシージャ

等価回路の数式化

非線形フィッティング

Exelリンク

ユーザーアンケート