Mapleトップページ
事例・技術情報

モデルベース開発とMOD

有限要素法によるシミュレーションは設計・開発現場では当たり前の手法になり、その有用性については言を俟ちませんが、その目的は現象の解析や開発の効率化を目的としたものが多くを占めます。一方、パワーエレクトロニクスや自動車の分野では多くのコンポーネントを中心に解析対象をより広げたシステムシミュレーションを行う要求が多くなってきており、企業を中心に活用されているのが現状です。こういったシステムシミュレーションは今後ますます発展していく技術であり、より柔軟なプラントのモデリングや連成・連携技術が必要となってきます。

ここで、モデルの詳細度の変更や抜き挿しを実現する技術をMOD(Model On Demand)技術と呼ぶことにします。つまり、モデリング段階では個々の(得意分野の)ツールを用いて解析を行い、必要に応じてモデルの精度・抽象度を「使う目的にあわせて」自由に選択できる環境/技術が必要となってきます。


モデルベース開発とMOD

シミュレーションを行う場合、その対象に対しての目標を持つことが大切になります。すなわち、対象としてシステムをシミュレーションするのか、個々の部品を詳細にシミュレーションするのか詳細度を意識してモデル構築を行う必要があるわけです。設計に関わる技術者の要求仕様や、設計の段階(初期設計なのか、量産設計なのか、など)によってシミュレーションが果たす役割は異なってきます。MOD技術を使うと、詳細度を比較的自由に変更することが可能になり、詳細な部品レベルからより大きなシステム全体の最適化までを事前検討できるようになります。

このMOD技術を支える大きな要素技術が数式処理です。理想的には個々の詳細モデルに対しては、有限要素法をはじめとしたさまざまな専門ツールが存在しますのでこれを設計者が自由に利用でき、その後、必要なモデルの情報(振動モード、熱等価回路など)を抽出できれば(これをモデルリダクションという)システムシミュレーションのモデルとして利用できる環境が望ましいのです。ここで、詳細モデルとシステムシミュレーションモデルの架け橋となるのが「共通言語」ですが、詳細モデルに用いる専用言語、データと汎用性の点で優れた「数式」が重要となってくるでしょう。

適用事例 製品一覧 他製品との連携



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3255 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発