Mapleトップページ
サポート・マニュアル

Revolute による回転に摩擦を定義

詳細

Revolute コンポーネントで回転運動を定義する場合、その回転軸における摩擦をどのように付与すれば良いか。
非線形摩擦を定義するために、基本2つの方法があり、数式による方法と実測データによる方法です。

こちらの How to Use では、実測データによる方法をご紹介します。
通常、実機で測定された摩擦力は、角速度に対する非線形のものが多いのですが、この場合は、「1D メカニカル」ライブラリ→回転→ベアリング・ギア内の Bearing Friction コンポーネントを用いて軸受摩擦を定義することが可能です。
Bearing Friction コンポーネントで、tau_pos パラメータより角速度に対する摩擦力を定義します。

詳細については、Bearing Friction のヘルプをご参照ください。
こちらのサンプルからモデリング方法をご参考にしてください。



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発