Mapleトップページ
サポート・マニュアル

Boolean 型により出力値を切り替えて利用

詳細

Boolean 型のパラメータ a,b があり、条件により関数 f(t) の値が異なるという現象を表現するために、どのようにカスタムコンポーネントすれば良いか。

例:
a=true and b=false の場合、f(t)=5
a=false and b=true の場合、f(t)=10

上記のような場合には、パラメータ a,b を Boolean 型として定義して、f(t) 関数を定義します。
MapleSim GUI 上では、a,b に対してチェックをいれるかどうかで true または false が決まります。

詳細については、こちらのサンプルをご参照ください。
※BooleanCus2 コンポーネントをダブルクリックすると数式などの定義をご確認いただけます。



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発