Mapleトップページ
サポート・マニュアル

1D Lookup Table データを Der ブロックで2階微分する場合の注意点

詳細

MapleSim では補間テーブルのデータを入力信号として、二階微分を計算することができます。この場合は信号ブロックライブラリの「数学」、「関数」の「Der」コンポーネントを使います。
ただし、「Der」ブロックを使う際に、所望の出力結果の波形が得られない場合があります。

以下対策について説明しています。

対象(アプリ、OS)

MapleSim 4.5

対策方法

テーブルデータの数が少ない場合、「Der」ブロックを使った場合、所望の出力結果が得られない場合があります。問題を回避するために、補間テーブルのサンプル点を増やす必要があります。ここでは、MapleSimのデータ生成テンプレートを利用します。
テンプレートの使い方の詳細は、以下のサンプルモデルに添付されているテンプレートをご参照下さい。
テンプレートは、「プロジェクト」タブ→「添付」メニュー→「ドキュメント」カテゴリの中に添付されています。
DataGenetation1 ファイルをダブルクリックすると、Maple14 で開くことができます。

サンプルモデル:1D Lookup Table_Der.msim



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発