Mapleトップページ
サポート・マニュアル

方程式の解を変数へ割り当て

方程式を解いた解を、解いた変数に割り当てたい場合は assign コマンドを使用します。

まず方程式を定義し解きます。

> eq1 := x + y = 5;
eq2 := 2*x - y = 4;

eq1 := x + y = 5

eq2 := 2x - y = 4

> sol := solve([eq1, eq2], [x,y]);

sol := [[x=3, y=2]]

方程式の解は等式で出力されます。

assign コマンドの引数に解を直接指定することでそれぞれの変数への割り当てが可能になります。

> assign(sol);

> x;

3

> y;

2



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発