Mapleトップページ
サポート・マニュアル

FAQ 64-bit Windows OS でシミュレーションを実行すると、rc=31エラーが表示されました

詳細

下記のようなエラーメッセージが表示された場合、ご利用PCのセキュリティソフトウエアの影響によるエラーの可能性があります。

「(in comp_proc) unable to post-link (rc=31), please try again, and if that fails check that your Windows SDK installation is up to date, and compatible with your Windows compiler"」

ご利用のPCでセキュリティソフトを利用している場合、MapleSimの解析にてCファイルに関する内部処理の一部を、セキュリティソフトがブロックしてしまう場合があります。そのため、シミュレーションを行うと、モデルによりエラーが発生します。

対象製品/OS

  • MapleSim 2016, 2017
  • Windows 64bit

対処方法

スタートメニューから [コントロールパネル] -> [プログラム] -> [プログラムと機能] をクリックし、セキュリティソフトが入っているかどうか確認します。

セキュリティソフトが入っている場合

下記よりパッチファイル (.mlaファイル) をダウンロードし、 \lib フォルダにファイルをコピーしてください。

もし、セキュリティの観点上、パッチファイルをダウンロードすることが許可されない場合には、影響を受けているフォルダをセキュリティソフトの監視対象から外します。「詳細の確認手順」を実施してください。

セキュリティソフトが入っていない場合

「詳細の確認手順」を実施して、最後に表示される出力結果のスクリーンショットを取得ください。

詳細の確認手順

1.次の方法で詳細を確認します。
a) MapleSimを起動し、エラーが出ているモデルを開いてください。
b) MapleSimの操作画面の左側にある [Appsとテンプレートを追加] タブを開きます。
(画面左のアイコンをクリックします。)
c) [テンプレート] -> [ワークシート] をダブルクリックすると、「添付を作成」ウィンドウが表示されるので、チェックマークをクリックします(図1)。
2.開いたワークシートにて、"A:-MapleSim:-LinkModel():" と書かれている行にカーソルを移動させ、「Enter」キーを押して実行します。

3.続けて、以下の文字列すべてのコピー&ペーストを行い、「Enter」キーを押して、順に実行してください。

【ワークシートへの追加コマンド】
infolevel[MapleSim] := 3;
infolevel[ToExternal] := 5;
A:-Simulate();

A:-Simulate();」を実行する計算が始まり、刻々と青色の行が出力されます。最終的にエラーが発生して終了するはずですので、最終行近くの以下のような箇所(赤色)を探してください。なお、上記にて<*****>は、具体的なユーザ名、 は、ランダムな英数字の文字を表します。以下は、デフォルトにてインストールした場合のエラー表示例となります。



4.セキュリティソフトがある場合:

3.で確認したテンポラリフォルダ(上記の場合は"C:\Users\<*****>\AppData\Local\Temp")をセキュリティソフトの監視対象から外します。なお、設定方法についてはご利用のセキュリティソフトの公式ページ等にて確認してください。
設定完了後、MapleSimを再度起動し、エラーが生じていたモデルのシミュレーションを実行します。

引き続き問題が発生する場合には、表示されるメッセージやその他情報を技術サポートにご連絡ください。

セキュリティソフトがない場合:

結果出力のスクリーンショットを添えて、技術サポートへお問い合わせください。


FAQ へ



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発