Mapleトップページ
サポート・マニュアル

積分

Maple で積分を行うには定積分、不定積分ともに int コマンドを使用します。
不定積分は次の様に実行します。

> int(x^2, x);

Maple で不定積分を行った時、任意定数は解に含まれません。
定積分を行うには 2 つ目の引数で 変数名=下限..上限 と指定します。

> int(x^2, x=1..3);

定積分の積分範囲は数値ではなく変数を入力してとくことも出来ます。

> int(x^2, x=a..b);

また、diff コマンドと同様に区分関数を積分することもできます。

> peq := piecewise(x<0, sin(x), cos(x));

> int(peq, x);

複数回積分を行う場合は、diff の様に 3 つ目の引数以降にカンマで区切り入力することはできず、int コマンドをさらに入力する必要があります。

> int(ln(x), x);

x In(x) - x

> int(int(ln(x), x), x);

Int コマンドを使用すると、積分を計算しない数式の形式のまま扱う事もできます。

> deq := Int(x^2+x, x);

解を求めたい場合は value コマンドを使用します。

> value(deq);



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発