Mapleトップページ
サポート・マニュアル

3次元プロット

3次元プロットを作成するには plot3d コマンドを使用します。

plot3d コマンドも plot コマンド同様に陽関数、媒介変数のプロットはできますが、座標点のプロットを作成することはできません。

陽関数のプロットを作成するにはコマンドの引数は次のように指定します。
plot3d(関数, 横軸の範囲, 縦軸の範囲)
範囲は、変数名=下限..上限 と入力します。

> plot3d(sin(x)*cos(y), x=0..10, y=0..10);

上図からわかるように Maple は plot3d コマンドを使用した場合、軸は表示せず相対軸でのプロットを作成します。
軸を追加するには axes オプションを追加し、絶対軸として確認したい場合は scaling=constrained オプションを追加します。
また、描画されたプロットはコンテクストバー(メニュー3段目)やコンテクストメニュー(プロットの上で右クリック)より編集することもできます。

また、引数の関数を入力する位置で、リスト形式で式を入力することにより重ね描きを行う事もできます。

> plot3d([sin(x)*y, x+cos(y)], x=0..3, y=0..3);

3次元プロットの重ね描きで、何もオプションを指定しないと色が見にくい場合があります、そのときは以下の様に color オプションを使用します。

> plot3d([sin(x)*y, x+cos(y)], x=0..3, y=0..3, color=[red, blue]);

媒介変数のプロットを作成するにはコマンドの引数は次のように指定します。

plot3d([横軸の関数, 縦軸の関数, 高さの関数], 変数1の範囲, 変数2の範囲)

> plot3d([t, s, sin(t)*cos(s)], t=0..8, s=0..2);



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発