Mapleトップページ
サポート・マニュアル

総和と積

総和は sum コマンド、積は product コマンドで求めることができます。

sum コマンドは次のように使用します。

> sum(x, x=1..10);

55

また、sum コマンドはリストデータの和を求める時にも使用できます。

> data:=[1, 2, 3, 4, 5];

data := [1,2,3,4,5]

> sum(data[i], i=1..5);

15

式や総和の範囲に変数を含む場合も計算できます。

> ans1 := sum(x^2, x=1..n);

> simplify(ans1);

> sum(a*x^k, k=0..5);

a + a x + a x2 + a x3 + a x4 + a x5

> sum(a*x^k, k=0..n);

product コマンドは次のように使用します。

> product(x, x=1..5);

120

式や範囲に変数が含まれる場合は、ガンマ関数等の特殊関数を含む表現で解が返されることがあります。

> product(x, x=1..n);

> product(sqrt(x^3), x=a..b);

また、product コマンドも sum コマンドと同様に、リストデータの積を求めることができます。

> data := [1, 2, 3, 4, 5];

data := [1, 2, 3, 4, 5]

> product(data[x], x=1..5);

120



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発