講演概要

基調講演

パワートレイン開発におけるMBSEの活用の現状と今後の方向性について

日産自動車株式会社
パワートレイン開発本部 主管
久保 賢明 氏

複雑化する自動車のシステムを高い品質で高効率に開発するためには、モデルという第2の図面を活用し、かつシステムズエンジニアリングの手法を取り入れることが重要と考えている。本講演では、このMBSE (Model Based Systems Engineering)の手法を実際のパワートレインの開発現場でどう活用しているかについて日産自動車の事例を元に紹介する。また、このMBSEの開発手法の今後の方向性について言及を行う。

[x] ウインドウを閉じる

基調講演

1D-CAE 2.0 towards Vehicle Electrification

株式会社本田技術研究所
四輪R&Dセンター 主任研究員
南 克哉 氏

自動車のモデルベース開発の中心的役割として1D-CAEが普及してきた。特に、開発初期段階における複数の車両性能要求に対するシステム仕様設計や車両熱マネージメントシステム検討などに活用されてきており、これらへの適用事例について紹介する。 加えて、今後の車両電動化での車両価値・開発プロセス変化に伴う1D-CAE進化および活用の方向性について言及する。

[x] ウインドウを閉じる

システムズエンジニアリングの有効性と適用への提言

一般社団法人システムズエンジニアリング研究会 理事
有馬マネジメントデザイン株式会社 代表取締役
有馬 仁志 氏

システムが大規模化・複雑化の一途を辿り、更に相互連携し、多くの関係者と協調する必要がシステム開発現場に求められていると思います。
その中で、注目の技術がシステムズエンジニアリングです。
システムズエンジニアリングは、世の中で最も複雑なシステムの一つである航空宇宙システムの開発等で生まれた技術であり、既に欧米を中心に様々な分野で適用されています。
しかし、国内では自動車に代表されるソフトウェアのモデルベース開発が浸透している業界でも、有効活用されていないのが現状です。システムズエンジニアリングとモデルベース開発を有効に利用する設計手法などについてもご提案いたします。

[x] ウインドウを閉じる

エフェクトモデルに基づく新たな自動車システム開発手法

AZAPA株式会社
オートモーティブ事業部 取締役 / ディレクター
加藤 丈晴 氏

急速な技術革新が求められ、様々なシステムが複雑に影響を及ぼしあう現代の自動車。モデルベース開発の導入によって開発のフロントローディング化が進められている状況はもはや必然と言えよう。
今回は主に、システムサプライヤを対象とした新たな機能システム開発手法を提言する。新システムの開発を行う際、自らのシステムが引き起こす車両性能へのエフェクト(影響や寄与)を理解しながら最適設計を行うことが今後のシステムサプライヤにも必要とされる。このエフェクトモデルを有する性能シミュレーション環境をベースにシステム構成要素に性能分配していくことを本テーマとする。
エネルギー保存則に基づいたHEV燃費モデルを事例に開発初期段階で行うべきシステム主要特性の合意形成手法を紹介する。この手法は、製造業全体に有用な手法となりえると考える。

[x] ウインドウを閉じる

音響設計のためのモデルベース開発

ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ株式会社
設計技術部門 機構CAE技術部 機構最適設計技術課
嶋 淳一 氏

音響設計においては、最終製品としての音を聴いてからでは根本的な対策は難しく、より設計上流段階での性能予測が求められている。 自動車業界などで取り組まれているモデルベース開発を音響設計の上流段階で実施することで音響の基本特性を最適化する試みを紹介する。

[x] ウインドウを閉じる

デジタルカメラとその周辺の1DCAE

株式会社ニコン
映像事業部 開発統括部 第一開発部 第二開発課
寺嶋 延浩 氏

デジタルカメラ開発に1DCAEが利用され始めている。弊社では一眼レフカメラ内のミラー部・シャッター部の機構解析や、磁場解析結果を用いたモータの動作解析などを取り組んできた。最近は熱解析にも範囲を広げ、デジタルカメラ全体の熱バランスや成形機金型の熱分布も解析している。今回はこれまでの取り組みと今後の展望について述べる。

[x] ウインドウを閉じる

MapleMBSE:数式モデリングが変えるエンジニアリングの未来

Maplesoft
Director of Model-based Systems Engineering
宮下 尚 氏

MbSE を現実に開発業務に導入・適用する際にはモデリングという大きな困難があり、この解決はMbSE を展開・推進する上でも大きな課題です。
今回はその解決に向け、皆様がお使いであるExcel というユーザフレンドリーな環境からSysML などでのモデリングを可能にするSpreadEnG について発表いたします。

[x] ウインドウを閉じる

MBSE推進のポイント

株式会社O2
技術ディビジョン ディレクター
荒木 克文 氏

近年、自動運転技術やIOTに代表されるように、エンジニアリングドメインを跨ったシステム設計アプローチが益々重要になってきている。従来はMBDとしての分析モデルの活用が注目されていたが、現在は可視化モデルと分析モデルの双方を活用したMBSE(Model Based SystemsEngineering)アプローチによる新たな開発プロセスを如何に構築していくかがポイントとなってきている。これらの業界動向と活動推進していく上でのポイントを紹介する。

[x] ウインドウを閉じる

システムズエンジニアリングとMBSE実践のポイント

慶應義塾大学大学院
システムデザイン・マネジメント研究科 准教授
白坂 成功 氏

システムズエンジニアリングやMBSE に取り組みながらも、結果がでなくて困っている企業が多い。
本講演では、システムズエンジニアリングやMBSE の基本的な考え方・重要性・世界動向を紹介し、 実践するときに陥りやすいミスや、実践のポイントを解説する。

[x] ウインドウを閉じる

カメラベースシミュレーションのシームレス開発に向けたVirtual Test Driving

IPG Automotive 株式会社
代表取締役社長
小林 祐範 氏

自動車の自動化に向けた開発では、従来の車両側制御のみならず、周囲環境との協調が必須となる。特に多くの情報量を持つカメラをベースにしたシステムは増加すると共に、検証の煩雑さが増している。IPG AutomotiveのCarMaker®を活用したカメラベースシステムの効率的な検証を紹介する。

[x] ウインドウを閉じる

MBDツールチェーンの有効利用による相乗効果
〜ユーザー目線でのソリューション提案に向けて〜

イータス株式会社
テクニカルセールス&サポート部 ソフトウェアエンジニアリングソリューション
フィールド・アプリケーション・エンジニア
青石 勉 氏

近年、車載システムの大規模化に伴い、開発効率向上を目的としたMBDツール群が、積極的に導入されている。一方で、ツール導入に伴う開発環境の変化で、従来の開発資産が流用できなくなる事態も生じており、従来プロセスへのスムーズな適応が、新規ツール導入における一つの課題となっている。本講演では、弊社ツールチェーン導入事例をベースに、効率的なMBD開発とは何か?へ迫る。

[x] ウインドウを閉じる

モデルベース開発の未来

マツダ株式会社
統合制御システム開発本部 上席研究員
進矢 義之 氏

自動車の制御開発は、複雑さ増大への対応の歴史であり、抽象化(即ちモデル化)の進化の歴史である。常に進化を続けてきたが、ツールの進化により2000 年前後よりモデルベース開発は飛躍的な進化を遂げた。これが現在のモデルベース開発であり、自動車の制御系開発にはなくてはならない開発技術・開発環境である。しかし、今後も自動車の制御開発における複雑さの増大の歴史は続き、現在のMBD もいずれ限界が訪れる。更に革新的な手法を用い、新たな飛躍が求められる時期は遠い未来ではない。本講演では、新たな飛躍に向けたアプローチについて述べる。

[x] ウインドウを閉じる

FMI(Functional Mockup Interface)を用いたモデル統合の紹介

株式会社デンソー
電子基盤システム開発部 担当課長
小池 理 氏

欧州では、MODELISARで規格化されたFMIを用いて、OEM、サプライヤがモデルを交換・統合し、シミュレーションによる事前検証を実施している。日本ではなじみの薄いFMIの歴史、規格および運用事例を紹介する。また、FMIには、ME(Model Exchange)とCS(Co-Simulation)の2つのモードがあり、これらのモードの使い分けしたモデルを紹介し、仮想環境とHILS実装環境で、実施した具体的な事例を紹介する。

[x] ウインドウを閉じる

パワートレーン開発プロセスでのモデルベース開発の利用

日野自動車株式会社
パワートレーン実験部 パワートレーンシステム実験室 室長
武田 克信 氏

トラックのパワートレーンの開発においては、機能・性能の向上と同時に耐久性・信頼性の確保が重要である。モデルベース開発は、開発プロセスの効率化は勿論のこと、機能・性能の向上、更に耐久性・信頼性の確保など、開発プロセス全体に有用な手段であると考えている。 これまでの利用事例と今後の課題について紹介させていただく。

[x] ウインドウを閉じる

ダイハツ駆動制御によるMBDプロセスへの挑戦(チャレンジ)

ダイハツ工業株式会社
駆動開発部 駆動制御開発室 室長
林 秀一 氏

ダイハツの駆動制御開発において、従来からの制御アルゴリズムの開発ノウハウをベースに開発対象領域を拡大し、自社ルールに基づく、設計、自動コード生成から検証までのV字プロセスを開発した。時代の要請に伴い高品質な制御開発を実施するにあたり、ダイハツのユニークな人材教育方法とMBDプロセスに沿った制御設計の実施事例を紹介する。

[x] ウインドウを閉じる

自動運転開発に対するシミュレーション適用について

日産自動車株式会社
統合CAE・PLM部 シニアエンジニア
赤松 博道 氏

クルマの大きな進化として期待される自動運転の実現に向けて、様々な技術・システムの開発が進められているが、開発を取り巻く環境やその課題は従来に対して極めて複雑となるため、シミュレーションの活用による効率的な開発実施が求められている。本講演では、自動運転課題に対するシミュレーション適用の可能性について整理するとともに、適用事例の一端を紹介する。

[x] ウインドウを閉じる

System-level Engineering Symposium 2016 トップページに戻る