Mapleトップページ
製品・サービス

FMI準拠ツールとの連携シミュレーションを可能にMapleSim Connector for FMI

製品概要

MapleSim Connector for FMIは、MapleSimで作成した高精度且つ、複合領域の物理モデルを他のモデリングツールとの共有を可能にします。FMI(Functional Mockup Interface)とは、Modelica Associationが仕様策定及びメンテナンスを行っているツール連携のためのオープンなインターフェース仕様で、様々なツール間でのモデルのやり取りを可能にします。

主な特長

  • オープン且つ柔軟なモデリング・シミュレーション環境であるMapleSimを利用することで、開発時間を短縮できます。
  • MapleSimモデルをFMU(Functional Mockup Unit)と呼ばれる実行ファイルに変換し、Modelica系ツール等のFMI準拠ツールへエクスポートすることができます。
  • MapleSimの特徴の1つである、高速シミュレーション可能な自動生成コードを活用することができます。
  • 不連続なシステムや、ユーザ独自の定義によって作成したカスタムコンポーネントを含むシステム等、全てのMapleSimモデルをサポートします。
  • MapleSimテンプレートのインターフェースによって、パラメータやオプションの設定、コード生成及びモデルのエクスポート、更に生成した生成コードの参照等、直観的で簡単に行うことが可能です。
  • Maple環境でプログラミングすることにより全機能にアクセス可能なため、カスタムアプリケーション開発もサポートします

※ 以下の画像をクリックすると拡大表示します。




お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3255 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発