Mapleトップページ
製品・サービス

MapleSim 6.1 新機能紹介

複合領域物理モデルシミュレータ MapleSim

MapleSim 6.1 新機能概要

モデリング・シミュレーションの高速化

Maple 17における改善効果

Maple 17 における計算アルゴリズムの機能向上に伴い、MapleSim 6.1ではシミュレーションにおけるプリプロセスが高速化され、これまで以上に短時間でシミュレーション結果を得ることができます。

アニメーション表示機能の向上

MapleSimでは、マルチボディシステムをモデリングするとシミュレーション結果から3次元アニメーションを生成し、直観的にシステムの動作を確認することが出来ます。MapleSim 6.1では、本アニメーション生成をさらに機能拡張し、生成時間を短縮しました。

MapleSim APIコマンドの拡充

解析用コマンドの追加

MapleとMapleSimの連携を行うためのMapleSim APIに解析用のコマンドが追加されました。追加されたコマンド群により、シミュレーションをベースとしたMapleSimモデルのパラメータスタディとモンテカルロ法による解析をすばやく実行することが可能です。

カスタムコンポーネント生成機能

従来からテンプレートを活用したカスタムコンポーネントは可能でしたが、今回の新しいコマンドにより非常に柔軟にカスタムコンポーネントの生成が出来ます。独自の物理領域定義(ポート定義)と、Maple ワークシートの自由度を最大限に活かしたモデル定義からModelicaコードを生成し、コマンド一つでカスタムコンポーネントを作成することが可能です。

コード生成の機能拡張

初期値計算機能の向上

生成させたコードを実行する際に、入力やパラメータから初期値を再計算することが可能になりました。これによりエクスポート先の環境でのパラメータスタディ等を容易にします。

FMIサポートの強化

生成されたコードの実行について対応環境が拡充されました。昨今、モデル互換・コシミュレーションのための標準規格として注目を集めているFMI(Functional Mockup Interface)についても、最新バージョンである2.0 Beta 4のModel-Exchange(エクスポート)及びCo-Simulation(スレーブ)に対応しました。

過去のバージョン

各種サービス

  • MapleSim トレーニングビデオ
    MapleSim の製品概要をはじめ、主な特徴や機能紹介、基本操作などについて、ムービー形式で解説(英語)をしています。
  • MapleSim 体験セミナー (無料)
    MapleSimの概要と、マルチドメインの利用例をご紹介致します。また、実際にMapleSim を使ったモデル作成、パラメータ設定、シミュレーション等、基本的な操作についても体験していただきます。
  • MapleSim トレーニング講習(有料)
    MapleSim本体の基本機能を中心にし、基本的なモデリング、操作方法、ドキュメントフォルダの使い方について学べます。
  • 各種マニュアル
    導入時に役立つ『MapleSimビギナーズガイド』では、MapleSimをご購入頂いた後にすぐに使える機能を丁寧に説明・解説しています。
    ※各種マニュアルを閲覧するには、「登録ユーザ専用コーナー」のID/パスワードが必要です。ID/パスワードをお持ちでない方はご登録をお願いします。

モデルギャラリー

特定のキーワード(電気、制御、機械、ロボティクス、マルチボディダイナミクスなど)から絞込み検索可能なMapleSim 事例をご紹介しています。

MapleSim モデルギャラリー
無料トライアル版
Maple本体をはじめとして Maplesoft製品群は、無料でご評価利用することができます。

無料トライアル版のお申込みはこちら



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3255 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発