Mapleトップページ
製品・サービス

MapleSim 5 新機能紹介

複合領域物理モデルシミュレータ MapleSim (High-Performance Multi-Domain Modeling and Simulation)

MapleSim 5 新機能概要

Modelica 3.1 サポートの強化

ライブラリの追加

  • 熱流体ライブラリ
    熱流体コンポーネントが追加され、パイプ内・バルブ内での熱損失がモデル化できるようになりました。このライブラリは、タービン発電機、モータ、変圧器などの装置から最適性能維持のために除熱を行う冷却アプリケーションなどで特に有用です。
  • 磁気ライブラリ
    ソレノイド、変圧器、モータなどをモデル化するための新しいコンポーネントが提供されました。燃料噴射システム、透析装置、動力伝達、洗濯機、ギアボックスなど、様々な分野で利用できます。

コンポーネントの追加

  • 電気コンポーネント
    多相スイッチ、アナログスイッチ、半導体、三相変圧器、デジタル変換器が追加されました。
  • 機械コンポーネント
    1次元並進運動に関するモーションドライバと力ドライバ、センサ等のコンポーネントが追加されました。

コード生成機能の拡張

  • ハイブリッドコード生成
    ハイブリッドシステムからのコード生成機能が追 加されました。このハイブリッドコード生成機能の追加により、MapleSim5では作成された全てのモデルについて、実行可能なCコードの生成が可能となります。生成されるコードは最適化されたフリーのソースで、固定ステップソルバを備えており、様々なツールチェーンへ容易に展開することができます。さらにHILS等のリアルタイムアプリケーションへの展開も拡張されました。
  • モデルエクスポート機能の拡張
    ハイブリッドコード生成機能の追加により、ハイブリッドシステムを含む全てのMapleSimモデルを、MapleSim Connector、MapleSim Connector for LabVIEW and NI VeriStandでエクスポートできるようになりました。具体的には、Simulink、LabVIEW、NI VeriStand およびdSPACEへのエクスポートが可能です。これにより、より広範なシステムについてMapleSimのモデリング環境が活用できます。

シミュレーションの安定化と高速化

  • 大規模モデルでのメモリ効率化
    最新の数式処理アルゴリズムを採用することで、大規模モデルの取り扱いが大幅に高速化されました。さらに、MapleSimのメモリマネジメントが強化され、シミュレーションに要するメモリが大きく削減されました。この結果、MapleSim 5は、以前のバージョンと比較して、より大規模なモデルを高速に解くことができます。
  • シミュレーションの高速化
    数値ソルバの改善により、大規模な水力ネットワーク、クラッチ、ブレーキ、駆動系中の摩擦などの特定アプリケーションにおいて更なる高速化が行われました。
  • 初期値推移機能の強化
    初期値推定機能の改善により、非常に複雑なモデルについても適切な初期条件を自動特定することができます。

モデル作成の高速化

  • モデル診断機能の向上
    MapleSim 5のモデル診断機能が強化され、テスト段階、モデル作成段階、トラブルシュート段階のそれぞれで利用できるようになりました。MapleSim 5では、コンポーネント接続等の診断だけでなく、初期条件の矛盾箇所といった、モデル定義に関する情報もフィードバックされるようになり、シミュレーションを実行する前に問題箇所を修正することが可能となりました。
  • パラメータおよび初期条件の操作
    パラメータが定義されているサブシステムやコンポーネントを直接選択することなく、上位の階層から直接パラメータや初期条件を変更することが可能になりました。また、一時的にシステムの変数を変更することが可能で、例えば共有ライブラリの一つのコンポーネントやサブシステムだけ、変数を変更することもできます。
  • パラメータセットの容易なマネジメント
    ワンクリックで容易に異なるパラメータセットの比較ができるパレット機能が搭載され、パラメータセットの取り扱いが容易になりました。
  • 動画エクスポート
    3次元シミュレーションの結果をmpeg形式でアニメーション出力できるようになりました。
  • モデル作成環境の強化
    結合ラインを簡潔に自動配置する機能や、拡大縮小可能なポートラベル、サブシステムポートの自動ラベル化機能が追加されました。これにより、ダイアグラムの作成が容易になりました。
  • 3次元モデリング環境の強化
    3次元モデリング環境が大幅に改良され、モデル作成および操作がさらに簡単にできるようになりました。選択したコンポーネント、あるいはカーソルのある位置を拡大したりできるようになり、また3Dダイアグラムの中で、重複して配置されているコンポーネントから、所望のコンポーネントをリスト表示により容易に選択できるようになりました。さらに、コンポーネントを接続するためのキーボードショートカットや、3D Viewのグリッド設定に関するたくさんのカスタマイズオプションが追加されました。
  • 数式アクセスの改善
    MapleSim 5では、モデルの支配方程式がより読み易い形式で表示され、理解、操作、分析が容易になりました。
  • モデルセッティングへの簡単アクセス
    ソルバやアニメーション設定といった、モデル設定へ瞬時にアクセスできるようになりました。サブシステムを開いている状態でも、インスペクタタブとプロジェクトマネージャの両方からモデル設定へのアクセスが可能で、グループごとに折り畳み表示で整理されているので、所望の設定項目を素早く探すことが可能です。
  • Modelicaインポート
    Modelicaデータのインポートが大幅に高速化されました。さらに、インポート機能も拡張され、 従来読み込みできなかったModelica標準ライブラリの磁気、熱流体モデルについてもMapleSimへの読み込み可能となりました。

過去のバージョン

各種サービス

  • MapleSim 体験セミナー (無料)
    MapleSimの概要と、マルチドメインの利用例をご紹介致します。また、実際にMapleSim を使ったモデル作成、パラメータ設定、シミュレーション等、基本的な操作についても体験していただきます。
  • MapleSim トレーニング講習(有料)
    MapleSim本体の基本機能を中心にし、基本的なモデリング、操作方法、ドキュメントフォルダの使い方について学べます。
  • 各種マニュアル
    導入時に役立つ『MapleSimビギナーズガイド』では、MapleSimをご購入頂いた後にすぐに使える機能を丁寧に説明・解説しています。
    ※各種マニュアルを閲覧するには、「登録ユーザ専用コーナー」のID/パスワードが必要です。ID/パスワードをお持ちでない方はご登録をお願いします。

モデルギャラリー

特定のキーワード(電気、制御、機械、ロボティクス、マルチボディダイナミクスなど)から絞込み検索可能なMapleSim 事例をご紹介しています。

MapleSim モデルギャラリー
無料トライアル版
Maple本体をはじめとして Maplesoft製品群は、無料でご評価利用することができます。

無料トライアル版のお申込みはこちら



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3255 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発