Mapleトップページ
製品・サービス

Mapleのテクノロジー

1.計算過程の可視化

Maple を活用することによって、計算機が数式自体を認識し、問題を解くという全ての計算過程を計算機上で表現することを可能にします。工学・科学技術・数学の問題を数式によって定義し、それを計算機によって計算可能な形に式変形・代入操作します。最終的には、人間が理解し易い数値やグラフによって結果を確認するために可視化します。この一連の作業を計算機上に展開することが出来ます。この計算過程の可視化によって、技術情報の蓄積や伝承を容易にします。

式の認識 Maple の計算エンジンにより、代数式、微分方程式、ブール式など、様々な数式の操作や解の導出が可能
パラメトリックな計算 数式計算では、パラメトリックな解を求めることが可能。たとえば、逆行列を求めた場合、数値計算では要素全てが数値となるが、数式計算では記号を残したまま解の導出が可能
数値計算精度の制御 結果を数値化する際に、ハードウェア/ソフトウェア浮動小数点演算の両方をサポートしている Maple では、数値計算制度を任意の桁数で制御可能。


お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3255 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発