講演概要

【基調講演】
安全性・快適性・航続距離を向上させる電気自動車の自動運転・制御技術と
ワイヤレスインホイールモーターの開発

東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 
准教授 藤本 博志 氏

電気自動車の研究における,複合領域の物理モデリングと制御技術を紹介する。
・滑りやすい路面で車輪の空転やロックを防ぐEVの先進安全制御。
・EVの快適性を向上させる上下力制御。
・電磁界共振結合に基づく非接触電力伝送。
・車体からインホイールモーターへのワイヤレス送電。
・インホイールモーターへの制駆動力配分による航続距離制御。
・航続距離を向上するEVの自動運転技術

システム設計教育の重要性と機械系教育ツールの開発

信州大学 学術研究院(工学系) 
教授 千田 有一 氏

大学のカリキュラムは学問分野別に体系化されており、制御工学も細分化された一分野として講義されることが多い。一方、産業界の現場におけるシステム設計では、開発で満たすべき仕様から制御する対象となるシステムをどのように設計するかを考察し、制御工学を含めた様々な技術を複合的に活用する必要がある。本講演では、システム設計教育の重要性について指摘するとともに、機械系におけるシステム設計の基礎を学ぶためのツールとして実践している3慣性系ねじり振動系に関する設計演習課題の紹介を行う。

【招待講演】
数学イノベーションの取組について

文部科学省 研究振興局基礎研究振興課
融合領域研究推進官 粟辻 康博 氏

文部科学省では、数学の持つ力を十分に活用して、複雑な現象から「本質的なもの」を見いだすことや、大量で複雑なデータからは直接には読み取れない情報を抽出すること等により、これまでにない発想によるイノベーションの実現を目指した取組を行っている。この講演では、このような「数学イノベーション」の取組として、産業界や数学以外の分野の研究者の数学へのニーズの発掘、共同研究の推進等について紹介する。

産学連携プロジェクトによる、実用的次世代モーション・システム技術の研究開発

名古屋工業大学 大学院 電気・機械工学専攻
教授 岩崎 誠 氏

名工大は、電気電子工学と機械工学の広範な知識と応用力を持った技術者教育(問題解決型学習)に取り組んでいる。本講演では、名工大独自の産学連携体制『プロジェクト研究所』によって、産業界を支える実用的次世代モーション・システム技術を研究開発するとともに、実践的な教育を行う取り組みを紹介する。さらに、学術的な原理原則と実測の両方に基づく物理モデリングや、ソフト・コンピューティングによる最適化技術を紹介する。

集中定数系要素モデルによるディーゼルエンジンモデルの構築と制御開発への活用

株式会社トランストロン パワートレイン制御第三開発部
担当課長 伊海 佳昭 氏

排出ガス規制の強化や燃費規制の導入に対応するためディーゼルエンジンシステムは複雑化の一途をたどっており、制御系の開発には数値解析モデルを用いたモデルベース開発が不可欠となっている。トランストロンでは、エンジンの構成要素を集中定数系の物理式でモデル化し、非因果的モデリングツールで結合することでエンジンモデルを構築した。講演では、モデルの開発過程で明らかになった問題点や、現在の活用事例、今後の取り組みなどについて紹介する。


トップページに戻る

お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30。※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発