Mapleトップページ
数式処理が世界を変える

数式処理の特長 全体最適化の実現

異なる物理領域をサブシステムとして表し、それらをひとつのシステムにまとめて解析する方法が考えられます。

これによって、サブシステム間の相互作用、サブシステムがシステム全体に与える影響、さらにシステム全体の振る舞いが各サブシステムに与える影響などを同時に解析することが可能になります。

このとき、個々のサブシステムは微分方程式として表され、システムの振る舞い(解)はそれらの微分方程式を連立させて(つなげて)解析されます。

その中で、サブシステム(ひとつの物理領域)だけではなく、システム全体の解析または最適化が可能になります。

複数の物理領域にまたがるようなシステムの解析ツールが手元にないような場合であっても、Maple の数式処理と数値計算を統合した計算環境を用いれば、様々な解析を実施できる可能性が広がります。


 




お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3255 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発