アブストラクト

開催概要・タイムテーブルに戻る

数式処理技術が実現する次世代のモデリング・シミュレーション環境
「MapleSim」のご紹介

サイバネットシステム株式会社 モデルベース開発推進事業部 ソリューション開発部 岩ヶ谷 崇

近年の自動車開発は、EV、HEV開発に代表されるような大規模なマルチドメインシステムを対象とする必要が高まり、複雑化の一途を辿っている。
本講演では、このようなマルチドメインシステムを統合されたひとつの「物理システム」と捉え、直感的なGUI操作によりモデリングし、またその数式を自動的に導出する次世代のモデリング・シミュレーション環境「MapleSim」について、概要とその有用性をご紹介する。

Modeling and Simulation of Automotive Drivelines using MapleSim's Driveline Component Library
(MapleSimのDrivelineコンポーネントを用いたドライブラインモデリングとシミュレーション)

Maplesoft 社 Modeling Engineer、Orang Vahid-Araghi

In this talk, the new Driveline Component Library is introduced and distinctive features of this Library, in particular, and modeling of components in MapleSim, in general, are discussed. The talk will include presentation of a number of examples in Driveline vibration analysis and HEV modeling.

本講演では、MapleSimの新しいライブラリである"Driveline"について、コンポーネントのモデリング機能やその他の特長などをご紹介する。また、ドライブラインの振動解析やHEV モデリングの事例などを紹介したい。

アイシン・エィ・ダブリュ株式会社におけるMapleSim適用事例について

アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 制御技術部 ソフト評価グループ 主事補 西 吉彦 氏

アイシン・エィ・ダブリュ(株)では、HILS装置を用いてオートマチックトランスミッションのECUソフトウェアの検査を行っている。
本講演では、MapleSimを用いた、オートマチックトランスミッションのリアルタイムシミュレーション適応事例の紹介を行う。

HEV制御開発における数式ベースのモデリングへの期待

株式会社 いすゞ中央研究所 エンジン研究第三部 主幹研究員 西頭 昌明 氏

HEV制御のモデルベース開発では、様々な分野の制御、プラントモデルが必要になる。
HEV制御の研究・開発において、プラントモデルを作成する際に、各分野の専門家とのコミュニュケーションの手段として、また、モデルの可読性、再利用性向上に対して数式ベースのモデリングが有効と考え部品モデル作成に試用した。その結果の紹介と、今後の数式ベースのモデリングツール(Maple)への期待を述べる。

The use of SYMBOLIC MANIPULATION and Maple Description of some examples Automotive Applications
(自動車アプリケーションにおける記号処理とMaple利用事例)

解斗アソシエイツ 代表 フレデリック・ブリックス 氏

This presentation deals with the use of Symbolic manipulation in some Engineering applications such as

  • multibody systems to produce equations, to deal with constraints and generate code.
  • cam generation
  • synthesis of hydraulic valves, pressure regulators.

本講演では、下記のようなエンジニアリングアプリケーションにおける記号処理の利用について論じたい。

  • マルチボディシステムに対する方程式生成、拘束処理およびコード生成
  • カム形状生成
  • 油圧弁と圧力調整器の統合

OptimusとMapleSimを用いたハイブリッドカーの最適化

サイバネットシステム株式会社 マルチドメインソリューション事業部 PIDO部 古市 洋也

マルチドメイン・マルチフィジックスにまたがるハイブリッドカーのシステムレベルの研究開発は、近年複雑化・高性能化しており、トライ&エラーを伴う経験と勘に基づく手法では限界に近づいている。
MapleSimモデルのパラメータ解析の自動化による開発期間短縮や実験計画法と応答曲面モデルを活用した設計空間のトレンドの直感的な把握、最適化アルゴリズムによる経験に頼らない設計の改善を実現可能な最適設計支援ツールOptimusを用いて、目的関数(燃費と性能)を満足する最適な制御パラメータを算出したハイブリッドカーの多目的最適化事例を紹介する。