HOME

研究開発からより良い社会の実現まで、創造を支える可視化技術(後編)

小山田先生インタビュー

京都大学国際高等教育院
教授
小山田 耕二/コヤマダ コウジ


プロフィール

略歴

1960年7月
神戸生まれ
1983年3月
京都大学工学部卒業
1985年3月
京都大学工学研究科修士課程修了
1985年4月
日本アイビーエム(株)関西営業本部
1988年1月
日本アイビーエム(株)東京基礎研究所
1998年4月
岩手県立大学ソフトウエア情報学部・助教授
2001年4月
京都大学大型計算機センター・助教授
2004年8月
京都大学高等教育研究開発推進センター・教授
2013年4月
京都大学国際高等教育院・教授
2014年4月
自然科学研究機構・客員教授

学会活動

2004年7月
日本シミュレーション学会理事・編集委員長
2006年7月
可視化情報学会理事・和文論文誌編集委員長
2009年4月
システム制御情報学会理事
2010年7月
日本シミュレーション学会・会長
2011年10月
日本学術会議・連携会員
2014年1月
Editors in Chef of Journal of Visualization
2014年7月
可視化情報学会・会長
1 2

話題は変わりますが、最近学術会議で提言を考えておられると聞いていますが、どういう狙いなのでしょうか。

ありがたいことに学術会議の方で可視化の提言にも繋がるような活動をサポートいただいています。ポストペタスケールに向けて日本はどういうスタンスでいなければならないかという議論の中で私が感じたのは、タイムトゥソリューション(time to solution)、つまり計算結果を出すまでの時間をできるだけ短くすることにあまりにも偏り過ぎているということです。もちろんトップ500の中で一位をとることは大事ですが、それだけでは大量のデータを吐き出しているだけで、それが本当に人間に意識させられているかという観点でいうと、まだきっちりチェックがなされていないと思います。

そのため、私は新しい指標というものを打ち立てられないかということがありまして、この言葉が良いかは分かりませんがタイムトゥインスピレーション(time to inspiration)という指標を、併用することが情報化という観点では重要かと思います。データが吐き出し終えるまでの時間ではなく、情報化されるまでの時間というものをきちっと計って、それを最小化されるような活動に政府はお金を出すべきであると思います。

よくスーパーコンピュータが実益に生み出せてないという話が出ますよね。

今の指標では大規模な連立方程式を解けることだけに焦点を当てているわけで、人間にどのような影響を与えるかにはあまり関心が払われていないのではないでしょうか。その意識を改革してほしいな、と日々活動しています。

先生の取り組んでおられるサイエンティフィックはビジュアリゼーションと、インフォメーションビジュアリゼーションとはどのような位置関係なのでしょうか。

リンクドビューと呼ばれるように可視化の研究者の中でもお互い繋がっているほうがよいと考えられています。その結実のひとつとしてビジュアルアナリティックで使われています。たとえばシミュレーションの結果で、ワールド座標系などで水温や塩分濃度などの変数データを可視化するのはサイエンティフィックビジュアリゼーションであり、代表的ソフトは、AVS/Expressです。全ての変数データの数がN個として、N次元のデータセットの可視化技術を所掌しているのはインフォメーションビジュアリゼーションであり、代表的ソフトはTableauです。それらがうまく連携しているのがギャップマインダーというソフトではないかと思います。


図 AVS による球周りの流体解析結果の可視化事例(データ提供:京都大学武藤昌也先生)

インフォメーションビジュアリゼーションにはいろいろな手法がありますが、最もよく使われているのが散布図ですね。散布図は分かりやすく、人間の目に訴えかけます。散布図は基本的に二次元空間で変数間の相関を可視化するのですが、三次元でも可能です。たとえば、世界座標系で表現された海象データを変数空間で、たとえばある軸が水温で、ある軸が速度で、ある軸が塩分濃度と三次元で表現できるわけです。変数空間で表現すればインフォメーションビジュアリゼーション、同じデータですが、世界座標系で可視化すればサイエンティフィックビジュアリゼーションとなり大変関係が深いです。まず全体で俯瞰しておいて、その上でたとえば日本近海だけを部分的に取り出し、その部分だけの関係性を表示する。そうすることが仮説検証では大変役に立つのではないかと思っています。仮説検証は科学的方法の根幹をなすものですが、これは自然科学だけでなく、社会科学、人文科学すべてが科学的方法を基盤にしており、それを支えるものとしてビジュアリゼーションは全てに関与しているといえます。

1 2