HOME

製品情報

クラウド型の特許調査/戦略立案支援サービス
R&D Navi
研究・開発現場の特許解析・調査を支援する

企業を取り巻く国内外の技術開発競争は益々激しくなってきており、その根幹を成す技術の特許取得は企業の生命線ともいえます。しかし、特許出願前の事前調査には専門知識が必要となるため、専門家/部署に依頼することが一般的でした。そのため、アイデアの発案から特許出願まで時間と労力がかかり、特許出願サイクルを長くする一因となっていました。

そこで、特許出願の事前調査を支援するクラウドサービス「R&D Navi」をご紹介します。本サービスを利用することで、特許に関する専門知識を持たない研究・開発現場のエンジニアでも容易に自分のアイデアの特許性を判断できるようになるため、発案段階である程度の選別を開発現場で行えます。

特許解析/調査サービス R&D Naviとは

図1 検索結果Map表示例

R&D Naviは、研究・開発エンジニアが閃いたアイデアの特許性を簡単に調査できる特許調査/戦略立案支援のクラウドサービスです。

R&D Naviの使い方は簡単です。自分のアイデアをそのまま文章で入力し、検索します。独自開発のビッグデータ解析エンジンにより、検索は数秒?数十秒で完了します。検索結果は、膨大な特許データの中から関連性のある他社の特許や抵触しそうな特許を類似度スコア順にMAPで表示します。MAP表示された対象特許はクリックするだけで全文表示されます。

また、周辺特許、競合他社特許の可視化により、技術開発戦略立案の支援にもお役立ていただけます。

R&D Naviの特長

高度な概念検索:

図2 入力条件例

自分のアイデアをそのまま文章で入力するだけで検索できるので、検索条件の検討に時間を要しません。高度な概念検索の結果を、類似度スコア順に結果が表示されるので、関係の無いノイズ情報に悩まされることがありません。

わかりやすいMAP表示:

検索結果はMAP表示され、自分のアイデアに近い特許を簡単に見つけ出すことができます。また、MAP表示された対象特許はクリックするだけで全文表示されます。

容易な情報共有/コラボレーションツール:

ユーザは任意のMAPを保存することができ、またそれを自分が所属するグループ内の他のユーザと共有できます。上長や関連部門への報告、他部門とのコラボレーションを容易にします。

簡単な操作性:

直感的にオペレーションすることができるため、マニュアルやトレーニングは不要です。サーバーなどの構築は不要で、Webブラウザとインターネット接続環境さえあれば、現場のエンジニアでも容易に特許調査に利用できます。

検索対象の特許:

日本国公開特許、米国登録特許、米国公開特許

日本国 公開特許公報(1993〜)、公表特許公報・再公表特許公報(1996〜)
米国 公開特許公報(2001〜)、登録特許公報(1976〜)

※特許データは毎週更新しております。

主な機能

  • 基本検索
  • 書誌情報検索
  • 特許番号リスト分析
  • MAP保存
  • 検索履歴

動作環境

Webブラウザ
  • Google Chrome 27.x 以上
  • Mozilla Firefox 22.x 以上

30日間無料の評価版でお試しください

R&D Naviは、1IDあたり月額50,000円でご提供します。(契約は年単位)さらに、部門単位でもご利用いただけるよう、複数 IDご契約のお客様には、ボリュームディスカウントを用意しております。

本記事ならびに無料評価版/資料請求に関する詳細は、下記窓口までお気軽にお問い合わせください。

1/1

(11/13)

関連ページ