HOME

製品情報

CODE V に追加された2つの“Expert”機能のご紹介

レンズ設計において、使用硝材や非球面レンズの使用枚数の決定については、光学性能と部品費用とのバランスが求められます。しかしながら、これらの決定は設計者の熟練度に依存する部分が大きく、経験が浅い設計者には難易度の高い課題でした。

この課題を解決するために、熟練者(Expert)の思考プロセスを具体化したアルゴリズムを有する2つの最適化機能が光学設計ソフトウェアCODE Vに追加されました。


「Glass Expert」

機  能
使用硝材を指定カタログの中から選択しつつ、光学系を最適化します。
オプション
“光学系全体”の透過率や重量、コスト等の制約を与えられます。
メリット
材料費用を抑えつつ、光学性能を最大化することができます。

「Asphere Expert」

機  能
非球面化の効果が高い面の組み合わせを自動検出し、光学系を最適化します。
オプション
非球面の枚数制限、および形状、配置の制約を与えられます。
メリット
非球面の製造容易性を考慮しつつ、必要最低限の非球面レンズ枚数を割り出すことができます。

2つの“Expert”機能が追加され、ますます強力になったCODE V の最適化機能を、是非お試しください。

3/4

(13/15)

関連ページ