HOME

BOOKレビュー

『ものつくり敗戦 〜「匠の呪縛」が日本を衰退させる〜』

木村 英紀(著)

理系離れが進み、科学技術の立て直しが国レベルで唱われる中、技術者視点から勝手気ままに興味深い本を紹介させていただくというありがたい機会を頂きました。しかしいざ本を選択しようと思うとなかなか困ることに気付きます。技術者あるいはもっと限定して、CAE/解析エンジニアが参考となるべき本は枚挙にいとまがないでしょう。CAEツールがブラックボックス的に使うことができる現在、原点に立ち返って基礎的な数値解析に触れることも大変に意味があると思われますし、最近の論文で発表されたような、最新のシミュレーション法を網羅的に解説しているような本があれば、それは意欲的な方々の大きな助けになるでしょう。

しかしそれらは個々の仕事に合わせて、職場の諸先輩方や上司の方々が薦めるのが適切と思われます。悩んだ末、木村英紀先生の「ものつくり敗戦」を選ばせていただきました。これは今回、先生に「モデル」に関してインタビューさせていただく中で、現在の日本の「ものつくり偏重」に強く警笛を鳴らしていることに大変興味を抱いたと同時に、多くの人がまじめに考える必要があると感じたからです。特に当社はメッセージとして「つくる情熱を、支える情熱。」を掲げており、この「つくる」という意味には、いわゆる「ものつくり」の意味も包含していますので、これに対して絶えず意識し考える必要がある、との思いもあります。結論から先に言ってしまえば、この本で言っている、大学での数学的、理論的教育(=ひとつくり)や、ハードだけでなく、日本の技術的弱点として挙げているシステムやソフトウェアなど、目に見えない科学技術(文献中では第3の科学革命と表現)である「コトつくり」に関しても、考えていきたいと思っております。

さて、文献内容に話を移しますと、この本の第一刷発行は、2009/03/09となっており、それ以来、各方面で様々な反響を呼んでいるようで、ネット上でも様々な賛否両論が展開されております。皆様もぜひ一度、それらにザッと目を通していただきたく思います。「いったい、何が書いてあるの?」とちょっと不思議に思うかもしれません。取り扱っている話の幅は大変広く、現代の日本の科学技術における問題点はもとより、古代ギリシャの数学的、哲学的な話から、種子島鉄砲伝来の話、第二次世界大戦における日本の軍事技術の質的問題等、実に多岐に渡っています。

しかし、この本で言いたいことは、私が思うに、科学技術の向上(というより立て直し)が日本の最重要課題の一つであることは多くの人が同意するであろうが、それが「ものつくり=匠の技」としてそれを実現しようとしているのなら、それは大いに危険であり考え直す必要がある、ということを、勇気を持って提言している、ということです。

最近、「ものつくり」が盛んに言われるようになり、科学技術の粋を集めたロケットの重要部品が、ある零細工場で一品一品、熟練者の手作業で加工されている。これが日本の技術を支えているんだ!この技術が無ければロケットは飛ばない!日本にはまだこんなに沢山の匠の技(=技術)が残っているから凄いんだ!といった報道が目立つようになったと思います。果たして本当でしょうか?匠の技にいつまでもあぐらをかいて、自分たちが苦手な重要技術に目をつむっていないだろうか?今日の風潮には、少なくとも報道のあり方は適切に技術を伝えているとは思えません。ロケットを飛ばすには、もちろん加工技術や素材などのハード的な技術も重要ですが、地上の管制局と通信する技術とそれを支える通信方式や符号理論、的確に軌道に乗せる制御技術とその仕組みを考える制御理論、物理法則に基づき精度良く軌道を計算するシミュレーション技術等、いわゆる目に見えない数多くのソフト面の技術があるのではないでしょうか?それが一般に表に出ないのは、目に見えない=分かりにくいからだと思います。この本ではそれが日本の危機であり、具体的に「(自然科学ではなく人工物に関する)理論」、「システム」、「ソフトウェア」を挙げ、これを第3の科学革命の産物とし、現在の「ものつくり偏重(=誤解)」に関して警告を鳴らしています。

この本は決して読みやすくはありません。また、一見すると批判的に感じ、不快に思う方もあるかもしれません。しかし、筆者は決してものつくりを非難しておりません。それは、あとがきを読めば分かります。本の途中であとがきを読むのは反則かもしれませんが、もし、嫌になったらあとがきを読んで筆者の気持ちを感じ取り、ぜひ、最後まで読んでいただきたく思います。そうすれば、技術者として考えるべき色々なことが自ずと生まれると思います。

『ものつくり敗戦 〜「匠の呪縛」が日本を衰退させる〜』

木村 英紀(著)

日本経済新聞出版社(2009/03)
ISBN-10: 4532260361
ISBN-13: 978-4532260361


(15/15)