自動車用ヘッドランプ/テールランプ設計ツール LucidFunGeo

LucidFunGeoは自動車用照明のための"機能的な形状"を計算するためのアルゴリズム群です。

LucidFunGeoは"自由曲面"形状の設計において、"形状は機能に従う"というFFF(form follows function)の原則に従っています。FFFの原則は、パラメーターではなく、照明機能による設計です。膨大な各パラメーターによってリフレクターやレンズを定義する代わりに、光源の位置とともに目的とする光線角度から形状を定義します。そしてソフトウェアが必要な形状パラメーターを計算し、定義します。

LucidFunGeoに含まれるモジュール




  • シャープなカットオフラインを持つ配光パターンとなるリフレクターの設計
  • 特定のビームパターンとなるリフレクターやレンズの断面の作成
  • 自動車用プロジェクターランプの設計
  • 曲線や面の近似や補間
  • 照明機能や光学的機能を持つ面の作成
  • レンズ曲面からの光線の逸脱の補正

この原則はユーザーの個々の要求を満たし、かつ操作が簡単です。
LucidFunGeoはリフレクターやレンズの形状を作成する究極のツールです。