自動車用照明設計ソフトウェア LucidShape Base

LucidShape(ルーシド シェイプ)は、照明設計業務のための最も強力で先進的なコンピューター支援設計ソフトウェアです。その使いやすくとても広範なユーザーインターフェースにより、世界中のエンジニアが非常に短時間であらゆる種類のリフレクターやその他の照明製品を作成できます。高度に革新的なFunGeo(Functional Geometry)機能により高速に自動車用ヘッドランプやテールランプの設計できます。さらにはデータ変換によりほとんどすべてのCADプログラム(例:CATIA、Rhinoなど)から取り込むことができます。

光源については、LucidShapeに含まれる多くの光源ライブラリを利用することができますし、またはご自身で作成することもできます。あらゆる種類の面は光源にすることができます。設計や開発の過程において、対話的な光線追跡機能を使って設定内容でテストし、光が面で反射したりレンズで屈折する様子を見られます。設定が完了したら、高速かつ正確なモンテカルロ光線追跡を実行し、製品の配光分布を確認できます。

設計したヘッドランプの路面配光パターンを、夜間ドライブシミュレーターであるLucidDriveで確認できます。ドライバー視点で、ヘッドランプが照射する路面や標識、樹木を確認できます。ロービームやハイビーム、フォグランプといった異なる配光分布をインストールして利用することもできますし、シミュレーションされたAFSの分布も利用できます。世界中で有名なF1レーシング・トラックでの調査が可能であり、またユーザー自身でカスタムした路面環境での調査も可能です。

革新的なLEDとライトパイプのどちらのアプリケーションでもLucidShapeで簡単にシミュレーションすることが出来ます。容易にカスタマイズ可能なLucidShapeのインターフェースの支援により、どのようなタイプの照明設計でも可能です。スクリプト言語であるLucidShellを使うことで、独自のプルダウンメニューやダイアログボックス、照明テストテーブルを作成できます。新規製品の全てを構築することができるので、ニーズに対する適合性を、LucidShapeで自由にテストすることが出来ます。

基本機能

光学系設計環境 LucidStudio

LucidShapeの統合開発環境(IDE)。
LucidStudio

プログラミングによる機能拡張ツール LucidShell

LucidShapeのスクリプトインタープリター。
LucidShell

Tool Box

LucidShapeのツールボックス。
Tool Box

CATIA/SolidWorks/Rhinoceroとの連携ツール Data Exchange

LucidShapeのデータ変換機能。
Data Exchange

追加拡張インターフェース

自動車用ヘッドランプ/テールランプ設計ツール LucidFunGeo

自動車用照明設計の為のアルゴリズム郡。
LucidFunGeo

COM連携インターフェース LucidCOM

LucidShapeとCOMをつなぐインターフェース。
LucidCOM

配光分布解析ツール LucidLite

光線データ解析ツール。
LucidLite

GPUを利用した高速シミュレーション GPUtrace

GPUを利用したシミュレーション。
GPUtrace