8.5 SR2 リリース情報

2017年6月にLightTools 8.5 サービスリリースSR2をリリースいたします。
LightTools 8.5サービスリリース2 (SR2)では、面受光器を追加できる面の追加、BSDFデータのグラフを回転する機能の追加、テーブルの表示を数値にフィットさせるオプションの追加が行われています。新機能の概要を以下に紹介します。

詳しい情報は、リリースノートをご覧ください。
※この資料の閲覧・ダウンロードには、ユーザーIDとパスワードが必要です。

閲覧にはユーザー登録が必要です。ユーザー登録はこちらから。


LightTools 8.5 SR2の新しい機能

面受光器を追加できる面の追加

以前のリリースでは機能が制限されていた自由曲面のエッジ、およびファセットスイープ面が面受光器の追加に対応しました。

BSDFデータのグラフを回転する機能の追加

光学特性マネージャでBSDFデータの2D極座標表示を確認する際、このバージョンで追加されたビューボタンでグラフを回転させることができるようになります。

テーブルの表示を数値にフィットさせるオプションの追加

全てのダイアログボックスにおいて、テーブル形式データの各セルの幅を値にフィットさせるオプションが追加されます。LightToolsでは桁数の関係で表示できない値は###などと表示されていましたが、これらの数値を簡単に表示できるようになります。

補足

LightTools 8.5 SR2で追加される機能の詳細な内容は、LightTools 8.5 SR2リリースノートをご覧ください。