過去のリリース情報

2009年2月にLightToolsの最新バージョン 6.2をリリースいたしました。
本バージョンでは、様々な機能が追加されています。今回はLightTools 6.2の新機能についてご紹介いたします。

SolidWorksリンクモジュールが正式搭載されました!

SolidWorksリンクモジュールはLightToolsが3D CADソフトSolidWorksと連携できる機能です。この機能では、まずSolidWorksで作成したモデルをLightToolsに「リンク」させます。リンクしたモデルは光学特性を保ったまま、LightToolsで寸法値を変更しSolidWorksモデルに反映したり、逆にSolidWorksで寸法を変更してからLightToolsに反映したりできます。LightToolsの強力な最適化機能とも組み合わせて利用することが可能です。

LEDのモデリング例
図1 SolidWorksリンクモジュールの動作イメージ

SolidWorksリンクモジュールについての詳細な情報につきましては『リリースノート』 95ページをご参照下さい。

次の例はファイバーから出射する光が平行に近づくように反射屈折レンズを設計する際に、SolidWorksモデルのスプライン曲線の最適化をLightToolsで行なった例です。

LEDのモデリング例
図2 SolidWorksでのスケッチ画面

LEDのモデリング例
図3 反射屈折レンズの初期形状と結果

LEDのモデリング例
図4 最適化後の反射屈折レンズの初期形状と結果

図3(初期形状)では、36Lumenのパワーが20度以内に分散しているのに対して図4(最適化後)では36Lumenのパワーが7度以内に入るようになりました。

照度テストポイントが搭載されました!

照度テストポイントは受光器(評価面)上の1つまたは複数のポイントにおける照度の測定が可能になります。この機能は通常の順光線追跡と異なり、評価ポイントから光源に向かって逆方向に光線追跡を行います。照度テストポイントを利用することで指定したポイントの照度値、色度値を圧倒的に効率良く得ることが可能です。

LEDのモデリング例
図5 順光線追跡(必要な部分に入射する光線が少ない)

LEDのモデリング例
図6 照度テストポイント(必要な部分の結果を効率良く取得)

照度テストポイントについての詳細な情報につきましては『リリースノート』 3ページをご参照下さい。

受光器に角度強度スライスが追加されました!

強度スライス機能により、角度強度分布の評価が改善されました。角度領域メッシュの面積が均一になるため、全ての角度領域を同じ精度(同じノイズ)で評価できます。

LEDのモデリング例
図7 スライスチャート
※ 画像をクリックすると大きな画像が表示されます

角度強度スライスについての詳細な情報につきましては『リリースノート』 44ページをご参照下さい。

BPO(BackLight Pattern Optimzation)が改良されました!

最適化の目的とする分布に、より簡単に非一様な目標を設定することができるようになりました。キーパッドやダッシュボードの最適化の場合に有用です。

LEDのモデリング例
図8 キーパッドの最適化
※ 画像をクリックすると大きな画像が表示されます

BPOユーティリティの機能強化についての詳細な情報につきましては『リリースノート』 204ページをご参照下さい。

その他の追加/修正機能

  • 複数種の散乱
    体積散乱モデルが改良され、一つの母材の中に、蛍光体、MIE、ユーザー定義の粒子などの複数種類を設定することができます。
  • Windows Vista のサポート
    Windows Vistaにて、管理者権限を持つユーザーでの利用を公式にサポートします。

詳しい情報は、リリースノート(LightTools6.2)をご覧ください。
※この資料の閲覧・ダウンロードには、ユーザーIDとパスワードが必要です。

ユーザー登録がお済みでない方は、こちらから登録して下さい。