LightToolsの役割開発

開発の工程では、ターゲットとなる製品の仕様を様々な角度から検討・策定する必要があります。

開発中イメージ図1
開発中イメージ2
開発中イメージ図3

LightToolsは、『光学部品』は当然のこと、『機械部品』や『材料』も3次元CADと同じように再現できますので、製品のデザインや材料を変更しながら、光跡や解析結果をリアルタイムに且つ直感的に確認できます。
仕様の妥当性が素早く判断できますので、開発期間の短縮(=時間的コストの削減)につながります。

製品開発・設計サイクル
※各工程をクリックすると、LightToolsの役割が確認できます。

製品開発・設計サイクル 開発 設計 解析・分析・評価 試作・実験
この工程におけるユーザーの利点
● 開発期間短縮
● 開発コスト削減