LightToolsの役割

照明設計解析ソフトウェア LightToolsは、照明機器の開発・設計・解析など、あらゆる場面で使われています。
LightToolsを使うことによって、試作や実験回数の削減、製品品質の向上、開発期間の短縮など、トータルな開発コストの削減という効果が期待できます。
また、コスト削減だけでなく、開発サイクルを短縮することによって、他社に先駆けた早期市場投入が可能となり、最終的には、お客様の利益を伸ばすことにつながります。

それでは、LightToolsがどのような場面で必要とされており、どのようなメリットや効果が期待できるのか、製品開発の流れに沿って簡単に紹介します。

製品開発・設計サイクル
※各工程をクリックすると、LightToolsの役割が確認できます。

製品開発・設計サイクル -> 生産過程 -> 市場 開発 設計 解析・分析・評価 試作・実験
製品開発・設計サイクルにおける、LightToolsを活用するユーザーの利点
試作実験回数削減
製品品質向上
開発期間短縮
開発コスト削減

開発

開発の工程では、ターゲットとなる製品の仕様を様々な角度から検討・策定する必要があります。

開発

設計

デジタルカメラやディスプレイ、プロジェクタなどの製品設計には、非常に高い精度が要求されます。
そのために設計者は、製品設計の過程で何度も試行錯誤を繰り返す必要があります。

設計

試作・実験

メーカーは製品の高性能化、高品質化、市場への早期投入が求められる一方で、開発コストの削減を求められるという厳しい状況にあります。

試作・実験

解析・分析・評価

試作・実験を繰り返しながら製品の最終的な仕様が確定しますが、試作→実験→データ取得→修正→実験・・・というサイクルは、時間もコストも非常にかかります。

解析・分析・評価