照明解析の重要性

近年、市場ではディスプレイやプロジェクターをはじめとした照明機器の需要が高まっており、メーカーは製品の高性能化、早期市場投入が求められています。
このような背景のもと、照明設計解析のノウハウが一段と注目を集めています。

照明設計解析ソフトウェアとはCAE(シーエーイー)すなわちコンピュータ設計支援ソフトウェアのひとつで、照明光学に特化した設計やシミュレーションなどを行うソフトウェアです。
3次元CADと同じようにモデルを再現し、そのモデルが発光する様子をコンピュータ上で模擬実験することができます。

実際の試作実験回数を大幅に削減することができ、開発期間の短縮、開発コストの低減など、ものづくりにおいて課題となっている様々な問題を解決することができます。

このことからCAEを導入しているメーカーは、同業他社よりも早く新製品を市場に投入できるのです。

ユーザーの利点(業務効率改善:試作実験回数削除、開発期間短縮、開発コスト低減、品質向上)とユーザーの利益(新製品の市場早期投入、市場投入価格の低価格化、マーケットシェアの獲得、売上利益の増加)
ユーザーの利点と利益

照明解析ソフト選びのポイント

企業の業績を左右するという観点から、どのような照明設計ソフトウェアを選択するべきでしょうか?照明システムの性能あるいはコストが重要であるなら、LightToolsを選択するべきです。LightTools を使用すると、開発生産性を向上させ、市場投入までの時間を短縮し、市場競争力を高めることができます。

照明解析ソフト選びのポイント(PDF 825KB)