機能一覧

機能一覧図

Illumination Module(本格的な照明解析) Core Module(簡単な操作で光学系モデリング) Data Exchange Module(3次元CADとの連携) Imaging Path Module(結像光学系) Advanced Physics Module Advanced Design Module SolidWorks Link Module OptimizationModule

最近のリリースで追加された機能

リリース情報をご覧ください。

ユーティリティプログラム

Core Module

  • 3次元CAD機能
    • マウス操作で簡単入力
    • ブーリアン演算
    • 3Dテクスチャー
  • レンズ設定
    • 球面レンズ
    • 自由曲面レンズ
    • 非球面レンズ(コーニック面・シリンダ面・トロイド面)
    • 多項式非球面レンズ(ゼルニケ多項式・XY多項式)
  • 光線追跡
    • 屈折・反射・スプリット ほか
  • 散乱設定
    • ランバート散乱(完全拡散)
    • ガウス散乱
    • CosN乗散乱
    • BSDF
    • Mie散乱
    • ユーザー定義散乱
    • 異なる散乱のミックス
  • 光学特性
    • フルネルロス(反射・透過率を自動計算)
    • 薄膜(1/4波長反射防止膜・ユーザー定義コーティング)
    • 偏光素子(理想線形偏光素子・位相素子)
  • 各種ライブラリ
    • バックライト導光板、フルネルレンズ、ファセットミラーなど、各種デバイスモデル
    • プロジェクタなど、各種システムモデル
    • BEFシート ライブラリ(3Mなど)
    • 光源ライブラリ(自動車用ランプ・LED・CCFL)
  • プログラミング機能
    • API/COMインターフェース
    • VisualBasic言語
    • MATLAB

Illumination Module

  • 光源設定
    • 点光源・面光源・体積型光源
    • スペクトル分布
    • 空間分布
    • 配光分布
    • 放射領域の設定とコントロール
    • 配光データの取り込み
    • 光源データの取り込み(RadiantSource)
  • 照明解析
    • ノンシーケンシャル光線追跡
    • 偏光光線追跡
    • モンテカルロシミュレーション
    • ハイブリッドシミュレーション(順方向シミュレーションと逆方向シミュレーションの融合)
  • 評価分析機能
    • 照度、輝度、色度、配光分布などの光学性能評価
    • フォトリアルレンダリング機能
    • リバースエンジニアリング(最適化機能使用)
    • レイパス機能
    • フィルター機能(面・波長・光路長など)
  • 解析結果表示
    • 2種類の輝度出力(空間輝度計・角度輝度計)
    • 測定角度、範囲の設定
    • 光線と受光面の交点表示(スキャッタチャート)
    • 擬似カラー表示(ラスタチャート)
    • 縦横断面表示(ラインチャート)
    • 3Dシェーディング表示(サーフェイスチャート)
    • CIE色度図出力
    • 照度、角度強度分布のRGB出力
    • CCTチャート表示(相関色温度)

Data Exchange Module

  • 汎用3次元CADソフトからの入出力
    • SAT:ソリッドデータ
    • STEP:ソリッドデータ(AP214・AP203)
    • IGES:ソリッドデータ、サーフェイスデータ
    • CATIA:ダイレクトインターフェース

Imaging Path Module

レンズなどの結像光学系の解析を行うモジュールです。

シーケンシャルな光線追跡による横収差及びスポットダイアグラムの確認が行えます。

なお、レンズやミラーなどを用いた結像光学系の設計や評価を行う場合は、LightToolsと同じ開発元、Synopsys社の光学設計評価プログラムCODEVの利用をお勧めします。CODE Vには結像光学系に必要な多彩な解析機能が搭載されており、波動光学的な解析も可能です。また、強力な自動設計機能、高速な公差解析機能を持ち、結像光学系の設計や評価を強力にサポートしたします。

Optimization Module

  • Optimization
    LightToolsは強力な最適化機能で光学系システムの設計を支援します。多くのLightToolsユーザーが最適化機能を高く評価し、レンズやバックライトなどの設計現場で使い続けています。
    最適化機能は、製品設計の短納期・低コスト・生産性向上を実現します。
    適用事例
    コリメートレンズ/軸外フォーカス/ベストフォーカス/ライトパイプ/バックライト/LED カラーバランス/迷光 etc
  • Backlight Pattern Optimization
    バックライトのシボパターンを正確かつ高速に最適化することが出来る機能です。

Advanced Physics Module

C++、VisualBasicプログラミングにより、ユーザー独自の光学特性定義を行え、これまでのLightToolsでは扱う事の出来なかった光学特性を設定出来ます。以下アプリケーションに非常に有効な機能となります。

  • 蛍光体
  • GRINレンズなどの不均一な屈折率の材質
  • 特殊偏光部品
  • 効率計算を含む回折格子モデル
  • 非回転対称な散乱面

開発元Synopsys社作成のサンプルが用意され、ユーザーの利用用途にあわせて利用頂けます。

SolidWorks Module

  • SolidWorksで作成した部品またはアセンブリファイルを、リンクされた状態で直接LightToolsに取り込むことができます。
  • リンクされたSolidWorksモデルに設定されていた寸法などのパラメータをLightToolsで直接編集できます。
  • LightToolsで編集可能なSolidWorksモデルのパラメータを、LightTools内で作成された他の部品と同様、最適化機能で自動的に変化させることが可能です。

Advanced Design Module

  • 自由曲面設計機能
    一つのレンズまたはリフレクターを利用して、目的の照度分布や配光分布を得るための継ぎ目のない自由曲面が設計できます。あるパターンで面を照射するレンズやリフレクターを設計されたい方に有効な機能で、ランプ、センサー用照明、LEDレンズなどの設計に役立ちます。
  • MacroFocal リフレクタ(ファセットリフレクター設計機能)
    ”ファセット化”された自由曲面リフレクターを設計するための機能です。様々な種類のファセットに対応しており、各ファセットの面形状は要求性能(拡がり角やターゲット面上の位置)を指定することで作成されます。
  • Procedualレンズ(照明用レンズアレイ設計機能)
    レンズアレイ(“ファセット化”されたレンズ)を設計する機能です。ファセットが多数あるレンズアレイの設計を素早く行えます。また、指定した曲線上に並ぶようなレンズアレイが設計できます。
  • LEDコリメーター作成機能
    すばやく簡単にLED用のコリメーターレンズを作成できる機能です。円形や矩形のコリメーターの他にも様々な種類のコリメーターを設計できます。コリメートさせることも容易に行えますが、MFリフレクターと同様に拡がり角を指定してレンズを作成することができます。