クラウド時代の事業継続
〜万が一の対策は仮想化とバックアップから〜

今回の東日本大震災では、データの分散管理ができていなかったために、システムが被害を受けた際の復旧の遅れが多く発生しました。
企業は過去の取引等に関する履歴や商品(製品)の在庫管理、買掛金、売掛金や、その他個人情報に至るまで企業活動に係る重要な“情報”を取扱います。
これらの“情報”が喪失した場合、自社内の損害に加え、企業としての信頼を失う恐れがあります。

このような環境で、コスト面と事業継続をできる限り対応可能にする、「仮想化」と「リアルタイムバックアップ」の有効活用によるソリューションをご紹介させていただきます。

セミナー概要

開催概要

日程 2012年2月20日(月)
時間 13:30〜17:00 (受付開始 13:00〜)
会場 富士通トラステッド・クラウド・スクエア
東京都港区浜松町2−4−1世界貿易センタービル30F
定員 50名
参加費 無料(お名刺、筆記用具をご持参ください)
主催 大興電子通信株式会社
協賛 富士通株式会社、株式会社富士通マーケティング、ヴイエムウェア株式会社、クオリティソフト株式会社、サイバネットシステム株式会社

サイバネット紹介予定製品

リアルタイムバックアップアプライアンス「QQR」

 


ソリューション一覧

お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 ITソリューション事業部 TEL: 03-5297-3487 (平日 9:00-17:30)
お問い合わせ一覧