ディスプレイの応答性評価、自動フリッカ測定調整、OTP書込みに flickn

flicknシリーズは生産向け、R&D向けに製品を提供しています。
flickn for flickerはこれまでのFPDにおけるフリッカ測定や調整工程を革新するシステムです。わずかな時間で高速な測定と調整、定量的な合否判定、電気側への書き込みを実行します。
flickn for responceは光のオシロスコープの様な感覚で、FPDの応答性を中心とした様々な現象を直感的に操作し観測することが可能です。

詳細メニュー

製品概要

主に液晶ディスプレイの応答特性やフリッカの自動測定を行うシリーズです。
高速な定量評価によりディスプレイの開発から生産まで幅広くご利用いただけます。生産ラインでのフリッカ自動測定・調整をメインとするflickn for flicker、そしてディスプレイの応答性特性の自動測定をメインとするflickn for responseからお選びいただけます。

flickn for flicker

主に生産ラインでのフリッカ自動測定・調整をメインにした製品です。

主な特徴
  • 生産ラインに特化した自動測定システム
     ・フリッカが最小になるようにVcomの自動調整が可能
  • JEITAフリッカレベルにより、高速に定量評価が可能
  • 定時間サンプリング方式により、等価時間サンプリング方式より高速な測定が可能
  • 測定結果のデータベース化により、品質管理やR&Dへのフィードバックが可能
  • 最適なVcom値書き込みに必要な機器のインターフェイスカスタマイズが可能
主な対象/アプリケーション
  • 液晶(LCD)パネル
  • 小型〜大型ディスプレイ

flickn for response

主にディスプレイの応答性特性の自動測定をメインにした製品です。

主な特徴
  • フレームの正規化パラメータ設定によりあらゆる波形の観測が可能
  • 波形の立上り時間や立下り時間、オーバーシュートやアンダーシュート振動の観測が可能
  • 信号発生器*と連動したタスク実行により人手を介さないGray to Grayの自動測定が可能
     * 標準ではアストロデザイン社VG-870シリーズを使用
  • 簡易にGray to Grayの表を作成することが可能
  • 測定データのfft波形からフリッカレベル(dB)を求めることやフリッカインデックス、コントラスト値といったフリッカ値を求めることが可能
主な対象/アプリケーション
  • 液晶(LCD)パネル
  • 小型〜大型ディスプレイ

出展イベント

現在、出展を予定しているイベント情報はありません。

お問い合わせ

AOI製品 お問い合わせフォーム

サイバネットシステム株式会社
OM事業本部 光計測器事業部
TEL 03-5297-3527 / FAX 03-5297-3646
E-mail omsg@cybernet.co.jp